包茎手術をする場合には、幾つか注意しなければいけないポイントがあります。
料金問題はその筆頭であり、選択によっては100万円単位のお金が掛かる事もあり、その逆で数万円単位で収まる様な事も出て来ます。
真性包茎の場合は、包茎手術をするにしても保険適用が効きますので、一般的な機能を回復させる包茎手術をしたいというのであれば、料金を差して心配する必要はありません。
ですが、自由診療で特別な手術をしたいという場合は話もまた変わります。
今回はそんな真性包茎手術の料金問題について、ポイントを3つ程説明していく事とします。

真性包茎の包茎手術について。

真性包茎とは、亀頭が皮を被っており皮を剥こうとすると痛みや出血を伴う症状の事であり、半分前後程皮を被ったままでやはり亀頭を出そうとすると同様の問題があるカントン包茎の場合と同じ様に保険適用で手術が出来ます。
包茎手術をしないままで放置してしまうと、皮の内部に汚れが蓄積して皮膚炎の類を起こしてしまったり、性感染症や血流障害を起こしてしまうリスク等が伴いますので、余分な皮を切除して綺麗にする必要があります。
この場合の手術の料金は、差ほど高くはありません。
分類上は泌尿器科か形成外科の持ち所となり、病院毎の多少の違いはありますが、初診料金で1,000円、術前の血液検査代で3,000~4,000円で、手術代が10,000円程度で計算して下さい。
後は手術が終わった後の通院治療代が数百円ずつなので色々込みで考えたとして、総額で40,000円~50,000円前後と考えておけば齟齬はありません。
ただし、美容形成の方と同じ自由診療の処置を希望した場合は、手術代の部分が50,000円~80,000円程度という事になります。
自費治療となる分の割増と考えて下さい。
安くする事を考えるのであれば、泌尿器科と形成外科範囲で考えた場合は、保険適用範囲内で収めるのが堅実です。

価格で包茎手術を見る場合の注意点について。

手術後の引き攣れや傷跡が残る事が不安という場合は泌尿器科では無く、形成外科の方で真性包茎手術を考えるのが妥当ですが、最も理想的なのは泌尿器科と形成外科の何方の技術にも熟達した専門医が在籍する包茎の専門病院で治療してもらう事です。
性器の詳細と形成の技術を知っている分だけ、複雑な仕上がりも問題無くこなしてくれますし、手術法の選択肢や万が一の時があってもアフターケアをしてもらえる点で大きいメリットがあります。
価格帯はその分だけ高くなりますが、それに見合うだけの成果は十分見込めます。
ただ、価格が高い方が良いのかと言えば一概にそうとも言えない部分もあります。
少しでも早く悩みと手を切りたいという点であったり、機能面の改善が至上命題であるという場合には通常の病院での保険適用手術で構わないという判断になってもおかしくはありませんし、泌尿器科と形成外科の技術を両方兼ね備えたドクターが居る専門病院は絶対数が少なめであるという事もあります。
そこまでの通院のコストを勘案したならば、普通の病院で手を打っても良いという考えに至る事も有り得ます。
包茎手術には、美容形成の方で受ける手も無いではありませんが、此方の場合は高額請求問題や経験不足のドクターの問題にかなり注意しないといけない面があり、この辺を意識するのであれば、料金の他に手術の結果、どうなりたいのかを考えておく事がとても重要です。

ドクターの説明と自分の目的の一致しているか否かについて。

保険適用の場合は、手術費は基本的に安く済みますが自由診療を選択する場合には、選択する手術法によって100,000円以上の差が出る事もあります。
他にも、オプションのサービスを希望するか否か等で額の変化が出る事も少なく無いので、その部分で料金を安くするという考えも無いではありません。
ただ、この時に注意点もあります。
ドクターがそれぞれの手術法について、詳細な説明をしてくれているか否かです。
症状によっては、料金の上で良いと思った手術が自分に適用出来ない事も有り得ますし、術後の仕上がりが自分が望むクオリティでは無いという事も十分に有り得ます。
特に心理的に辛いという事で手術を選択したという様な場合でしたら、ある程度の金額を掛けて高い方を選択した方が良い事もあります。
もしくは別パターンで美容系のクリニック等の問題で多いのですが、説明が不十分なまま不安を煽り高い方の手術へ誘導するケース等もありますので、まずは、『自分が手術の結果どういう成果が欲しいのか』という点と、『ドクターがその為に十分な情報を提供してくれているのか』という点でしっかり頭を整理しないといけません。
そういった点を勘案するならば、手術を考えている場合は、複数の方面から考えて、その上でコストを安く済ませられるかを考える事が最重要になります。

まとめ

真性包茎の手術のお金を安く済ませるのでしたら、保険適用の手術を選べば総額で多く見積もって40,000円~50,000円前後の治療費で済みます。
これが自由診療の方になると手術代だけで50,000円~80,000円になって相応の金額となりますが、仕上がりのクオリティは高くなります。
何方も一長一短であり、最重要なのは、自分が手術の結果どうなりたいかですので、まずはその部分を頭の中で整理しておいた上でドクターの説明をしっかり聞きつつ、目指す手術結果と料金の折合いが上手く付く選択を選ぶ様にして下さい。
検討する部分がかなり多い事柄ですので、即断する様な事はせずある程度時間を掛けて決める事が重要です。